LCCのコスト削減による特徴を知りましょう!

- LCCのコスト削減による特徴を知りましょう!

LCCのコスト削減による特徴を知りましょう!

格安航空券の一つでもあるLCCは大変にお得な移動手段です。LCCの激安な料金に慣れてしまうと、他の航空会社を使うことが馬鹿らしくなるかもしれません。
しかし、LCCにもデメリットは存在します。

では、LCCにはどのようなデメリットが存在するのでしょうか?デメリットを知ることで、より賢くLCCを利用できるようになりましょう!

LCCのデメリットは、運賃を安くするためのものです。

まず、LCCにデメリットはあるとしても、それは航空運賃を安くするためのものであるということを理解して頂きたいと思います。つまり、LCCはただ単にデメリットのある航空便というわけではなく、航空運賃が安いというメリットがしっかりとあるんです。
それを知らずに、LCCのことを誤解している人も決して少なくはありません。

LCCの座席は狭い場合が多いです。

LCCの具体的なデメリットとしては、まず一つ挙げられるのが、座席が若干狭いということです。これは、大手2社の飛行機と比較して狭いということを意味しています。
つまり、LCCは1つの飛行機で運ぶことのできる人数を増やすことで、1人あたりの航空運賃を低くしているということです。

1つの飛行機で運ぶ人数を増やすという戦略は、多くのLCCが導入しているものとなります。しかし、座席が狭いといっても座ることにすら苦痛を感じるほどの狭さではありません。
足元が少しだけ狭いかなと感じる程度です。よほど大柄でなければ、狭さによる不便は感じないと思っておいていいでしょう。

機内サービスが簡略化されています。

また、LCCでは、多くの場合、機内サービスが簡略化されています。これも航空運賃を安くするためのものであり、LCCではよく使われる手段です。ただし、よくよく考えて頂きますと、大手2社の飛行機の機内サービスは過剰であるとの見方ができます。

しかも、大手2社の飛行機の場合、飛行機に乗り込むすべての人がそれらの過剰なサービスを受けることができる用意がされているわけです。
しかし、すべての人が過剰なサービスを求めるとは限りませんよね。LCCでは、機内サービスを合理化しているということができるでしょう。

このように、LCCでは機内が少し狭かったり、機内サービスが簡略化されたりしていますが、その分、航空運賃が安くなっています。
また、それらのデメリットについては、事前に対策をすることで全く不便なものではありません。みなさんもLCCのような格安航空券を利用する時は、そのデメリットと対策を意識してみてください。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 最近話題になっている格安航空券を使って国内旅行に行こう! All Rights Reserved.